詳しい内容は、明治大学 建築計画・設計研究室|田中友章研究室のホームページをご覧ください。

3次元計測技術を活用した敷地計画に関する研究
次元計測技術は、数十年の歴史がありますが、建物と屋外空間の総体としての建造環境のデータ計測は、比較的新しく開拓された分野です。

その一つの方法は、3次元スキャナーを用いる方法で、近年は非接触型レーザー3次元スキャナー(3D点群スキャナー)を中心に、計測機器の小型化や処理ソフトウェアの高性能化とともに普及が進み、高速に高精度の3次元情報が取得できるようになりました。
もう一つの方法は、フォトグラメトリーという技術で、汎用のデジタルカメラで対象物の周囲を取り囲むように多数の写真を撮影し、写真測量の原理を応用したソフトウェアにより画像を処理して、3次元データを取得することができます。

これらの計測技術を活用して、地形、樹木や建築物などからなる建造環境を正確に計測し、その成果物を活用して敷地計画など建築デザインに応用する研究を行っています。
図面化が難しい複雑な自然環境や高低差のある敷地を対象とした分析や設計シミュレーション、図面のない歴史的建造物の計測や保存・再生計画のスタディ、密集市街地などの課題の解消のための手法開発、などを視野に入れて研究を進めています。



大学キャンパス -校舎跡地と中庭-



内村鑑三記念今井館教友会
[こちらから別ウィンドウで開きます]

右上の”points(m)”の数値を右方向へ大きくすると、より鮮明な表示になります。

1, 2:内村鑑三記念今井館教友会は、株式会社オフィス山原と株式会社ディーディーティーとの共同計測

折れ垂木を用いた屋根架構システムの研究
都市圏の市街地では良好な住環境を保護するためにかけられている厳しい日影規制が設けられており、この集団規定に準拠するために第1種低層住居専用地域などでは建築物単体の軒高が制約を受けることになります。
そこで、集団規定に準拠しながら、断面計画の自由度と豊かな室内環境を可能とする手法の一つとして、屈曲した形状をもつ垂木(折れ垂木)を用いた屋根架構を構想しました。

そして、「生田4丁目の住宅」の屋根架構に採用するための折れ垂木を、明治大学建築学科木質構造 野口研究室と共同で研究・開発しました。

2:実験用試験体の接合部試作は、明治大学理工学部工作工場ものつくりセンターの協力により、製作されました。